明けまして おめでとうございます。
能登輪島は 穏やかなお天気で 2007年がスタートしました。

年末年始と昔から伝わる我が家のしきたりが多くあります。

仕事場には 3ヶ所 鏡餅をお供えしますが 写真はその1ヶ所で 漆を調合したり 漉したりするまな板(作業台)の上にお供えした鏡餅です。




岩手県北部で高齢の漆掻き職人さん達が苦労して採集してくれた最上級の日本産漆は一滴たりとも無駄にはできません。

今年も使い手の方々の信頼に応えられる庄右ェ門の漆器を作り続けられますよう『漆の神』に祈りをささげてお供えします。
Date: 2007/01/01(月)



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71


大崎庄右ェ門紀行 | 大崎庄右ェ門について | おといあわせ | アクセスマップ | 塗師屋の女将えつこ(ブログ)

(c)oosakishouemon allright reserved 2006